日本製クリスタルボウルの歴史
ショップロゴ
ベランダのお花たちです
●大和ぼうるご購入者プレゼントは→こちら

●水晶系ボウルの修理は→こちら
ホーム日本製クリスタルボウルの歴史

2013-01-01
●日本製クリスタルボウルの歴史

2007年 イザヤのメッセージを受けた水晶職人さんから日本初のクリスタルボウル3個をいただく。うち2個は脚付きのクリスタルボウル。
日本での水晶ボウル製造へ向けた最初の一歩へ背中を押されたような感覚。
以後もこの方から水晶のことを学ぶ。

2008年~2010年 水晶の響き(旧アクア*クリスタル)オリジナル設計仕様の虹色OPクリアボウルをUSA・T社に毎年製造依頼。できることとできないこと、色付け等、クリスタルボウル製造に関わる。
その頃、USA・T社社長らが日本へ来たときにうちの日本製脚付きクリスタルボウルを見たいと言っていたが、来日かなわず。

2011年11月 数年前夢に見た小さいサイズの高音域クリスタルボウル、世界最高純度の水晶による日本製クリスタルボウルが現実化し販売開始

2012年 ハイトーンクリアボウルの他、ソフトーンボウル、プラクティショナー、円錐ピラミッド、2ndプラクティショナー を開発。この中には夢に見たものをそのまま現実化したものもあり。

2012年末~2013年 新企画開発中。常にチャレンジを続けています。
小さな一歩一歩を大切に積み重ねることで本当にすばらしいものが生まれてきます。

 

●ロゴは純正水晶ボウルの証し

品質に自信がなければロゴは刻印できません。水晶の響き(旧アクア*クリスタル)製造のクリスタルボウルは品質に自信があります。商品完成時純度、99.99759%です。

水晶の響き(旧アクア*クリスタル)純正品にはきちんとロゴが刻印されています。

 

●日本製クリスタルボウル製造基準

水晶の響き(旧アクア*クリスタル)の製造品質基準は半回転回しで十分に音伸びするもの、です。 

 

●製造もお役目

人はそれぞれお役目があります。

特にクリスタルボウルとのコミュニケーションがとれなくなって製造会社がおかしくなることはままあることです。

もし製造のお役目の人であれば、他から必死で情報を取る必要は全くありません。

お役目の人であれば、自然の流れで情報がやってきてそれなりの体験も得られるものです。

それがないのにお金儲け目的で進めば、無理を通し自然に逆らうことになり結果的に痛手をこうむることになってしまうでしょう。

私の場合、各段階のプロセスの多くは夢の中で教えられました。

そしてそれをひとつひとつ現実で確認しながら進んでいきました。
なぜか環境的に確認できる人たち、状況が周囲にそれなりにあり、

また具現化に関してはそのほとんどが驚くべき偶然によって導かれました。

ただ仕入れて販売しているだけの方がラクで利益も多いです。

やりがいといえば製造の方が好きでしたが、とかく安きに流されかけていたときに日本神界の神様方からお尻を叩かれてどんどん進んで行ったという感じそのままです。

演奏者であれば少なくとも、セラミックボウルやガラスボウル の音を聞いて何か違うと感じないような方は、クリスタルボウルを扱うべきではないと思います。本人も痛手になりますし、他の人にも迷惑をかけます。

 

●日本製クリスタルボウルは天然水晶から作られています。「珪砂」と「天然水晶」の違い

第一世代 クラシックボウル

第二世代 2010年までのアルケミーボウルは「珪砂」から作られています。

珪砂は花崗岩あるいは珪岩と呼ばれる岩が、雨風、あるいは振動によって細かくなり、粒状に変化したものです。

珪砂は、科学的には二酸化珪素(SiO2)を中心に組成されています。この二酸化珪素は地球の地殻上の約55%を占めており、ほぼ無尽蔵に存在しているため安価です。

よくこの「珪砂」のことを「水晶の粉」と言っているようです。まちがいではありませんが若干語弊があります。
「水晶の粉」という名称ですと、おそらく一般の人たちは天然水晶を砕いて粉にしたものだと思ってしまうでしょう。

そうではなく、もともとが花崗岩等の粒なのです。つまり分子構造はSiO2ですが、一度も結晶化水晶石になったことのないものが珪砂です。

  水晶石と花崗岩・珪岩は見た目的にも全く別物ですが、化学的にいえば同類といえるものです。 「水晶の粉」というより 「水晶と同じ分子構造を持つ粉」 といった方が近いでしょうね。

「珪砂」は一般的にはガラス製品の原料として使われています。
その他にソーダ灰や石灰などを混ぜ合わせ、1000℃~1,400℃の高熱で融解し作られます。
この「珪砂」をガラスよりもさらに高温で融解し作られたものがアルケミーボウルになります。

2011年以降製造のアルケミーボウルからはセラミック製ボウルが見つかっていますから、もう高温の必要な「珪砂」さえ使っていない可能性があります。セラミックは陶器ですから不透明石英ガラスに比べて低温で製造でき、水晶とは分子的にも全く別物です。「陶器」や「ガラス」に分類されるものであり、水晶でないことは確実です。

 

第三世代 日本製クリスタルボウルは、「天然水晶」を砕いて溶融して作られていますから結晶化した水晶が原材料です

天然水晶から作られた波動の高いクリスタルボウルです。

だんだんと世界が高い波動へ向かい、波動が繊細になるにつれ、クリスタルボウルにより適した素材が出てきたのだと思います。

 

水晶と、石英ガラス(珪砂等)は化学的には同じ組成物ですが、構造的には全く異なっています。

水晶は結晶状であり、石英ガラスはガラス状(非結晶)です。

またクリスタルぼうるを作る素材と製造方法に違いがあるため、海外製クリスタルボウルの壊れやすさと日本製ヤマトボウルの壊れにくさ、対衝撃性に大きな差が出ています。

どんな高温炉に入れても完全な透明にならない不透明石英ガラスは、珪石や珪砂を原料として製造されています。

水晶を透明石英ガラス、珪砂からできているものを不透明石英ガラスということもあります。

 



*このようなパワーも天然水晶ならではのものでしょう。
http://www.ne.jp/asahi/aquarius/messenger/stone_020.htm

 

花崗岩(別名は御影石:グラナイト):SiO2 を76.83%含む鉱石。

石英(せきえい:クォーツ):SiO2 が結晶してできた鉱物。六角柱状のきれいな自然結晶をなすことが多い。結晶化石英の中でも無色透明なものを水晶という。
 

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス